タイトル下(広告)

糖質制限ダイエット中に麺類が食べたくなった時

糖質制限ダイエット中に麺類を食べたくなったときは、いつも紀文の「糖質0g麺」を買っているコブタの私。

普通のうどん麺と比べると、舌触りが少しザラザラしている感じがするけど、私は美味しくいただいている。

息子が「うどんを食べたい!」と言った時は、具材は同じでも麺だけは息子と別にして、糖質量を抑えるようにしているわ!

息子用のうどんの「ゆでずに簡単流水麺」なんだけど、このうどん、忙しい日は本当に助かるの。

シングルマザーを5年近くやっていると、麺をゆでる時間さえないこともあって、これをスーパーで見つけた時は「忙しい日でも、息子にうどんを食べさせてあげられる!」って思っちゃった(笑)

我が家のうどんはね、肉も野菜もいっぱい入っているのよ♪

お肉は豚バラじゃないといいお味にならないから、スーパーで安売りしている時に多めに買って、1食分ずつラップに包んで冷凍してる。

実はこのうどん、私が子供の頃、おばあちゃんがよく作ってくれたうどんなの。私自身も母子家庭で育ち、母が仕事で食事の用意をできない日は、「おばあちゃんちに行って、何か夕飯食べてきて。」とよく言われていた。

おばあちゃんちまでは徒歩5分の距離だったんだけど、当時はまだ5歳くらいだったので、夜道を一人で歩くのが怖くて、夕飯を食べずに早々お布団を敷いて寝ちゃったこともあった私。

でも空腹に耐えられない時は、おばあちゃんちまで「オバケなんてないさ」の歌を大声で歌いながら、猛ダッシュして夕飯を食べに行ってたわ(笑)。

でも何の連絡もなしに、急に孫が夕飯食べにやって来るもんだから、おばあちゃんは毎回あわててこの簡単うどんを作ってくれていたの。

自分の過去を振り返ると「色んな人に支えられて今の自分があるんだな~」と、この日のうどんを食べながらしみじみと感じたわ。

何度作ってもおばあちゃんと同じ味にはならないんだけど、息子は「美味しい!」と言って完食してくれたの♪

あと20センチくらいで私の身長を追い越しそうな息子。

たくさん食べて大きくなぁ~れ~☆

レクタングル大(広告)