タイトル下(広告)

クリスマスが辛かった過去

またこの季節がやってきた。

クリスマスにはあまりいい思い出がなく、以前の日記にも書いたけど、私は小学2年生の時に「サンタなんているわけないでしょう!」と母に怒鳴られた記憶が今でも根強く残っている。(関連記事

別に母を恨んでいるとか嫌いとかそういうことではないの。私は女手一つで育ててくれた母には心から感謝しているし尊敬もしてる。

でも何だかクリスマスの時期になると、ちょっぴり淋しい気分になるのよね。(笑)

まぁ、それはいいとして・・・。

元夫といた時はクリスマスを盛大に楽しんでいたけど、離婚してすぐの頃は、息子と二人だけでどうやって楽しいクリスマスを過ごそうかと悩んだ時期があった。

楽しそうにクリスマスを過ごしている家族の集団を目にするたびに、息子に淋しい思いをさせて申し訳ない気持ちになっていた。

あるクリスマスの日に、息子と美味しいものでも食べに行こうと思って、レストランを予約したことがあった。

でもそこで、パパとママ、おじいちゃんとおばあちゃんが揃ったご家族が、そのレストランに入っていく姿を見て、その輪の中に無性に入りたくなったことがあった。

そして自分の心を癒すために、「私と息子もこの家族の一員ですよ~」というフリをして、その家族の後ろにピッタリくっついてレストランに入ったことがあった。

でもレストランの店員さんに「お二人でご予約いただいていた、くるみ様ですね?」と聞かれて現実の世界にあっという間に戻されたわ。(笑)

今思えば、あの頃の私は病んでいたわね・・・。

離婚してから5年以上たったけど、現在は随分と強くなったわ!

息子の笑顔を見たらそれだけで幸せなの(*^-^*)

小さな幸せに感謝して生きることの大切さにようやく気付いた気がする。

レクタングル大(広告)

笑う門には福来る!

私の学生時代の恩師が、「人は視野が狭くなると悩みが大きくなる」と言っていたんだけど、今までの私は元夫のことばかり考えていて、本当に視野が狭くなっていたと思う。だから悩みが大きくなって、最終的にはノイローゼにもなったのかも。

良く「辛い時ほど笑え!」と言うけど、確かに笑いは大事ね!

クリスマスは息子とたくさん外で遊んで、自宅では息子が好きなお笑い番組を一緒に見て、たくさん笑おうかしら?

最近思うんだけど、芸人さんって本当に笑いのプロよね!

ある方がラジオで言っていたんだけど、明石家さんまさんって、面白くないコメンテーターの話も面白くしてくれるんだって!

これって本当にすごい才能だと思うわ!

私の息子もね、私が叱っている時に場の空気を面白くさせる天才なの♪

ん?

いや、これはダメよね。(笑)

最近、私の言うことをすぐには聞いてくれなくなった息子けど、これも成長と思って見守ることにするわ♪

レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

『クリスマスが辛かった過去』へのコメント

  1. 名前:よこはま 投稿日:2018/12/14(金) 15:20:06 ID:2681bce16 返信

    くるみさん、アメブロから来ました!
    息子が離婚して孫たちに会えなくなってしまって今年は年末年始が辛いです。
    外に出たくありません。
    病んでるなあ、と思っているけど家族連れを見るのはつらくて、私も家でお笑いみるのがいいかな、と。
    くるみさんの考え方がとても参考になります。
    楽しみにしています。

    • 名前:くるみ 投稿日:2018/12/18(火) 09:21:29 ID:7656f5bae 返信

      アメブロから、こちらのサイトにも来てくださって本当にありがとうございます!
      私は元お姑さんのことが気になっていたので、よこはまさんのコメントを読んで、きっと元お姑さんも同じく悲しい気持ちになっているのかもと思いました。
      子供が離婚すると、孫はほとんど元お嫁さんが権限を握ることになり、会いたくても会えない状況が続くんですよね・・・。
      私も息子がいる身なので、もし将来息子が離婚したら、「孫には簡単に会えないのかな・・・」と今から淋しいです^^;
      クリスマスは、お互いにたくさん笑いましょうね(>_<) 私のブログ、楽しみにしてくださってありがとうございます! できるだけ楽しいブログになるよう心がけますので、一緒にたくさん笑いましょうね~♪

  2. 名前:放射能を体から出しましょウサギ 投稿日:2018/12/15(土) 18:20:24 ID:7c0d38f4a 返信

    私はクリスマスには、教会に行ってみたい。
    信者じゃないけど、ミサとか見てみたいの。
    マスコミに勤めているとき、私の上司が平日は普通の会社員でしたが、
    日曜になると、神父さんになる人でした(上智大学神学科卒)
    上司のお父様も神父さんだったようで、キリスト教一家。
    部下の私も、教会に縁がなかったけど教会での上司のお父様の
    お葬式も経験できたりして、少しは、教会の雰囲気がわかった。
    特にクリスマスのころは、教会で
    いろんなイベントをしていて、奉仕精神のある人たちが温かく
    出迎えてくれるはず、清らかな本来のクリスマスを子供さんと
    味わうのもいいかも。
    クリスマスのお笑いライブとかも面白いかも、
    クリスマスにあえて、落語の寄席に行くっていうのも、粋だけどね。

    • 名前:くるみ 投稿日:2018/12/18(火) 09:31:09 ID:7656f5bae 返信

      私もクリスマスだからこそ教会に行ってみたいです!
      私自身も信者ではありませんが、神に祈りをささげている方々の集まりなので、私自身も学ぶことがたくさんあると思います。
      ウサギさんのお知り合いは、様々なご職業の方々がいらしてとても勉強になります。
      あとウサギさんご自身も、とても頭の良い女性だと思いました。
      私の友人にもキリスト教の方がいるのですが、ウサギさんがおっしゃる通り、元々心の温かい方が多いですよね。
      確か近所の教会が、クリスマスに周囲の子供たちを招いてケーキ作りをするみたいなので、それに参加しようかな~。
      落語の寄席は思いつかなかったのですが、これも面白そうですね!
      テレビのお笑いもいいですが、落語は日本の文化でもあるので、息子にとってもいいかも!
      おかげさまで楽しいクリスマスになりそうです(*^-^*)
      ウサギさんもステキなクリスマスをお過ごしくださいね☆彡