タイトル下(広告)

不倫について思うこと

不倫中の男性や女性には大変申し訳ないけど、不倫する人の気持ちがよくわからない。それは「いい子ちゃん」だからではなく、私の母も夫に不倫され離婚することになり、女手一つで子供を育てることの大変さを間近で見てきたからだ。(まさか、私自身も夫の不倫に悩まされるとは思ってもみなかったけど)

最近はその逆も多いのかな?妻が不倫して離婚になるケースも。不倫した人の話を聞くと、「淋しかったから・・・」と言う人が多い。色んな生い立ちとかも影響しているのかもしれないけど、人は誰だってみんな淋しいんだと思う。

私が自分が太った原因を「ストレス」と言ったのと同じで、淋しかったから不倫をしたというのも言い訳なのだと思う。

不倫しても誰一人悲しむ人がいなければいいんだけど、パートナーに不倫されたことによって、悲しい気持ちはもちろんのこと、精神状態がおかしくなるので、後々仕事などにも影響してくる。

少し前に、日本も「一夫多妻制」にしたほうがよいなどと、半分冗談交じりのアホな日記を書いたけど(関連記事)、本当の一夫多妻制の国でさえ、他の妻への嫉妬心はあるそうだ。

10年くらい前に観たテレビ番組で、一夫多妻制の街に嫁いだ日本人妻の特集をやっていたんだけど、日本人妻が第何夫人だったかは忘れたが、他の妻たちからの嫉妬攻撃がすごいと話していた。

日本人妻は夫に頼らなくても、もともと自分自身のお金もあったようで、夫の収入のみで暮らしている他の妻と比べると、夫にとっては最高の妻だったのかもしれない。夫は日本人妻をとても愛している様子だった。

一夫多妻制の国でさえこうなんだから、人間はもともと「一夫一妻制」で上手くやっていく方法を考えた方がみんな幸せになれるのではないだろうか?

こんな話を友人にしたら、「刺激がない」と言って来た(笑)

でも、やっぱり私には不倫する側の気持ちがわからない。不倫中のみなさんからは、「ブタのあんたに分かってもらおうだなんて思ってない!」って怒られそうだけど。(笑)

話はちょっと動物界へ変わるけど、基本的に一夫一妻制のペンギンでさえ不倫すると聞いたことがある。妻ペンギンが不倫をして、夫ペンギンが「俺が働いている時に何してるんだ!」と激怒。妻ペンギンに当たるわけにはいかず、不倫相手の男ペンギンに攻撃を始めたそうだ。

妻ペンギンが出した答えは・・・

不倫しているペンギンの絵

夫を捨てて不倫相手のところへ行ったとのこと。

あ〜あ。

動物界も人間界も、世の中から不倫はなくなりそうにないね・・・。

いや、でも・・・

不倫された側の精神崩壊した姿を見ていると、私はとても不倫はできない。当人たちは楽しいだろうけど、その裏であまりにももがき苦しむ人が多いんだよね。

不倫した人にバツとして、「不倫される刑」を与えればちょっとは不倫する人が減るかな?

今日もバカみたいな日記書いちゃた・・・。
でもこれ、私の本心なの。

ブヒッ。

レクタングル大(広告)