タイトル下(広告)

結婚

二度と浮気をしないと誓った夫。この時の私は、「浮気は『許す』ものでも『二度としないように誓わせる』ものでもない」ということに気付いていなかったので、夫が反省していると思い込み、別れの道は選ばなかった。

前回も書いたけど、夫は女友達がとにかく多い。もちろん友達は大事だ。でも深夜まで女性と二人きりで飲み歩くのは、やっぱり腑に落ちない。浮気を本当に反省しているのなら、普通はそんなことはしないんじゃないだろうか?

う~ん。

でも夫から「くるみの嫉妬はひどすぎる!異常だ!」と言われたので、私自身が心を改めることにした。(この時点で別れればいいものを・・・)

こうして、私が何も言わなくなったのをいいことに、相変わらず女性の相談に乗ったり遊びに行ったりする夫。ただ、私が色々と我慢していることに気付いてくれて、「くるみも、俺の女友達に会いなよ。そしたら安心でしょ?」と言って来た。

「そっか。私もその女性と友達になればいいのか。」

そう思って実際に会ってみたものの、私の目の前でなんだかイチャイチャしている夫と女友達。

ますます嫉妬心でいっぱいにになるコブタの私。やっぱり私は、イチャイチャしている二人を平然と見ていられるほど、心の広い人間ではない。そう気づいた。

夫に「別れたい」と言ってみた。すると夫は急に態度を改め、それ以来、女友達と二人きりで遊びに行くことはなくなった。

穏やかな日が続いた。

そしてある日、夫が「結婚しよう」と言ってくれた。今思えば、もう少し様子を見てから結婚を決めても良かったんだろうけど、「結婚は勢い」とも聞くし、年齢的にどこか結婚を焦っている自分もいて、迷うことなく「うん」と返事をした。

そして結婚式に向けてダイエットを開始し、何とかコブタから脱出した。

私と夫は母子家庭育ち。

お互いの母親に金銭的な負担はかけられないと、結婚式の費用は全額自分たちで貯めた。費用のほとんどは夫が出してくれた。

小さな結婚式だったけど、とても幸せだった。

レクタングル大(広告)