タイトル下(広告)

結婚生活は地獄?

先日、離婚協議中に起きた殺人事件のニュースを観た。真相はよくわからないけど夫に殺されてしまった奥さまの気持ちを思うと胸が苦しくなる。

容疑者の夫には不倫相手がいたそうだ。その女性が妊娠。色々と面倒になって、妻がいなくなれば全てが解決するとでも思ったのか?

以前の日記にも書いたけど、私は不倫する人たちの気持ちがわからない(関連記事)。不倫している本人たちは楽しいんだろうけど、不倫された側の苦しみのほうがよくわかるからだ。

それにしてもこの夫、人生のどの地点で人を殺めてしまうほどの心を持つようになってしまったのだろうか?たいていの人は想像力があるので、不倫したとしても殺人事件にまでは発展しない。この夫は幼少期に心が潰されるような何かがあったのだろうか?

私はこういう事件を聞くたびに、自分の息子と重ねて見てしまう癖がある。息子が将来、同じような事件を起こさないよう願っている。でも男の子を育てるのって難しいと思うことが多々あるの。優しさと厳しさのバランスが少しでも崩れると、反抗して言うことを聞かなくなることがある。「こんな時、父親だったら息子とどう向き合うんだろう?」とあれこれ考える。

でも悩んでも仕方がないので、愛情いっぱいで育てるしかないわね。

世の中のほとんどの親は試行錯誤しながら、子供が他人様にご迷惑をかけないよう必死で子育てをしていると思う。この容疑者のご両親だってそうだったと思うの。

でも娘を殺されてしまったご両親からすると、「この男と結婚していなければ・・・」と悔しさや憎しみでいっぱいだと思う。こんな状況で「不倫された妻も悪い」なんていう人はいないだろう。

きっと今現在、容疑者のご両親は被害者家族へ何度も何度も頭を下げに行っているのではないかと思う。でも謝罪されたところで娘が生き返るわけではない・・・。

両家の親御さんたちの気持ちを考えると、できることなら時間を巻き戻してあげたい。どこかで子育ての修正ができるのなら、その時間に戻してあげたい。でも時間を戻したところで子育てに正解はない。結局は子供を信じて、世に送り出すしかないのよね。

どの道へ進めばみんな幸せになれるのか、答えがあったら誰か教えて。

右へ行くか左へ行くか迷っているコブタのイラスト

少しお話は変わるけれど、最近の育児書は「男だから、女だから」という育て方はいけないと書いてある。平等に育てなさいと。でも実際は男女では筋肉の量も違うし、比較的男性の方が力は強い。女性が一人で夜道を歩くよりは男性が一緒に歩いてくれたほうがセキュリティー代わりにもなる。

男性に「もっと筋トレして!」と言っているわけではない。男女は元々平等ではないと言いたいだけなの。男性と女性の役割をきちんと子供たちに教える必要もあると思うの。(もちろん性同一性障害の場合は別。親が早めに気付いてあげることも大事よね。)

子供の頃から何でもかんでも「男女平等」って言っていると、お互いに「自分のことは自分でやりなよ!」と言い出して、男女が助け合うという精神が薄れていくんじゃないだろうかと思っている。(離婚した私が何を言っても説得力はないんだけどね・・・)

いつからか男性は「結婚生活=地獄」というイメージがついて、結婚したくないという方も増えているそうだ。家族のために頑張って働いて、帰宅後は疲れ切った体で育児もやらなくてはいけない。自分なりに育児を頑張っていても、今度は妻から「こうじゃない!ああじゃない!」と文句を言われる。子煩悩そうに見える男性も、実は世間体を気にしてイクメンのふりをしている方も多いんだとか。そして疲れ果てて不倫に走る人もいるのかな?

そして女性はいつからか、「男性並みにバリバリ働いてキャリアアップしろ!」と言われるようになった。その上「早く出産して子育てもしろ!」とあれこれ押し付けられる。なんでもかんでも女性に押し付ける世の中。体がいくつあっても足りない・・・。仕事で疲れて帰って来た夫に「おかえり」と言ってあげたくても、自分自身も疲れ果てているから、夫に文句のひとつくらい言いたくもなるわよね。

そんな大人の世界を見ている子供たち。当然、結婚へのイメージは悪くなっていくだろう。

あらやだ。私ったら不倫や離婚の話ばかり書いてしまったけど、でも私の周りにはとても夫婦仲がいいご家庭も多いのよね。こういう方たちの話を子供たちに聞かせて、「結婚っていいものなのよ」と教えてあげられたらいいのにな。

私の母の友人が少し前に病気で亡くなったんだけど、旦那さんの腕の中で息を引き取ったんですって。亡くなる直前まで奥さまを抱きしめていた旦那さん。

病気の妻を抱きしめながら看取る夫のイラスト

このご夫婦、お互いに身体に障害を持っていたんだけど、自分一人では不自由なことでも、二人で力を合わせれば不自由じゃなくなると言って支え合って暮らしていたの。私もこのご夫婦にお会いしたことがあったんだけど、ものすごく仲が良かった。

結婚して40年以上。

お二人の間には息子さんが一人いるんだけど、彼もお父さんと同じく、自分の奥さんや子供たちを大切にする人になっていた。こういう方々も世の中にはたくさんいるのよね。

結婚生活は「地獄」じゃなくて「支え合い」。

少なくとも私の息子にはそう教えたい。

レクタングル大(広告)